Topics

2020年7月の記事一覧

~ 機械科 実習リポート ③ ~

前回のリポート① 鋳造実習の続きになります。

取り出した鋳物を後処理し、製品にする作業です。湯口切断・塗装・やすりがけ

 【生徒感想】鋳造を通してみて、とても大変だと思いました。鋳造は、思ったより力が必要でしたが、

       自分の力で1から、ものを作れてうれしかったです。

       

機械科 ガス溶接技能講習会

7月21・22・27日に、機械科2年生を対象にガス溶接技能講習会が

行われました。本来は、3月に予定していましたが休校により夏休み中の講習になりました。

修了試験に合格すると、ガス溶接技能講習修了証が発行されます。

夏休みの蒸し暑い中、実技講習も頑張りました。良い結果がでることを願っております。

 

 

~ 機械科 実習リポート ② ~

機械科1年生、旋盤実習の様子です。旋盤・材料試験・溶接・仕上げの4班で行っております。

高校に入学して、初めての工作機械を使用しての実習です。

旋盤とは、工作物を回転させ、刃物台に取り付けた刃物(バイト)に切込みと送りを与えて

切削する工作機械です。

計測器を使い、図面通りに加工できるように頑張りましょう!

 

 左の丸棒から、段付き丸棒に加工して、6週間の実習が終了です。

機械科3年2組 課題研究班「高校生ボランティア・アワード2020」にエントリー

本来は、8月18日・19日に、名古屋国際会議場イベントホールで開催される予定でしたが、

新型コロナウイルス感染症の休校による影響と感染拡大のリスクを考慮して、Webで12月に

開催されることとなりました。昨年度から2回目の参加です。 エントリー番号:029

昨年度、岩波ジュニア新書『ボランティアをやりたい!高校生ボランティア・アワードに集まれ』

さだまさし/風に立つライオン基金 編 に『ものづくりの力』で掲載されました。

【活動内容】

 2016年度より、課題研究の授業で『想いよとどけ!地域の人へ!』~make a trash box~

 テーマに、ゴミ回収ボックスを製作、本校近くの自治会に設置してきました。

 今年度は、日本最古の公園『南湖公園』に、観光地の景観に合ったゴミ回収ボックスを

 製作し設置します。

高校生ボランティア・アワードの主催は、公益財団法人 風に立つライオン基金です。

  

~ 機械科 実習リポート ① ~

機械科2年生、鋳造実習の様子です。表札を製作しています。

鋳造(casting)は、溶かした金属を鋳型に流し込んで製品(鋳物)を

つくる方法です。

模型(木型)を製作し、砂型を1人2個作りました。

今回の実習は、溶解・鋳込み作業です。アルミニウム合金を溶かし

鋳込みを行いました。鋳込み温度は650~720℃です。

危険な作業ですので、いつもに増して真剣です。

 

 

鋳込み後、砂型から取り出すとき、生徒の表情からドキドキ感が伝わります。

次の実習では、後処理をして表札の完成です。